964 CUP カーに MoTeC をつけてしまおう  その3!!!

最終更新日2010/04/18
ZOOM
こーーーんにーーーちはーーーーーーーーー!!
昨日と変わって、今日は暖かいですね!!
こんな日には、ピクニックに行きたくなっちゃいませんか!?
カゴバッグの中にサンドウィッチ入れて〜・・・

はい、では今日も元気にMoTeC取り付け作業の
ご報告でーーーーーす★

そんなこんなで、とうとうこのCUPカーは
現代の頭脳を手にいれましたぁぁ!!

この、金色に光り輝いてる箱こそが、
MoTeCです!!!!ジャジャーーン

そんな大事なものが、フロアにポンッって
置いてありますが・・・・
しかも、置いただけだし・・・・

私、持って帰っていいですか??

ZOOM
こちらが、MoTeCにより現代型になった
エンジンルームでございます!!!

見た目の違いはほとんどありません!!

しかーーし!前はエアクリーナーが無かったので、
今回はエアクリーナーも取り付けちゃいました♪

それと、見た目では分からないのですが、
各センサー類に繋がる配線が、ノーマルCPUにではなく、
MoTeCに繋がっております!!!

これによって、以前よりもエンジンの状態を
いち早くMoTeCは感じ取ることができ、
アクシデントを未然に防ぐことができるのです!!!


飛び出せ!科学君!!
スゴイぞ!MoTeC!!!!
ZOOM
ということで、ローダーにCUPカーを載せ、
AVOシャーシダイナモ実験工場に向かうことになりました!


私、実は・・・・・・・
シャーシダイナモって恐竜の名前かと思ってました!!!!エヘッ

ただの、でっかいローラーのことなんですね・・・・

でも、このローラーで何するんですかね???

シュレッダーみたいじゃないですか!!!!

ZOOM
ローラーの上にタイヤをのっけて、
マフラーになんだか太いホースを
AVOの看護婦さんたちがつないでいます・・・

このホースが何の役に立つのか、さっぱり分かりません・・・???

隊長に、あのホースが何なのか聞いてみると

「ホースの先まで行って来い!」

といわれました・・・
ZOOM
行ってみると!!!!!

えっっっ!?
ドラム缶にホースが繋がってるだけだし・・・・

余計に意味が分かんない(≧Д≦)

隊長!見たけど全然分かりません!!!!!

っていうか、あのローラーの上にタイヤのせる
意味が分かんないんだけど・・・

何か、ツルツルしてそうだし、危なくない!?
ZOOM
すると隊長がやってきて
「お前あのドラム缶なんだかわかんね〜〜んだろ。。

 しょうがねぇから教えてやるけど、
 お前後で缶コーヒー買ってきてくれる??
 自動販売機はこっから200Mくらいのとこいあるから!
 まぁ、外どしゃ降りだけどねーー
 それでもいいなら教えてやるよ!!」

あーーーーー、隊長まためんどくさいこと言ってる・・・
とりあえず、はいって言わないと教えてくれなそうだから・・・

隊長わかりました。教えて下さいよ!!!

「まず、車をあのローラーの上にのっけて、
 車が全開で走るんだよ!!!」

は・・・・・・???
隊長頭ぶつけたのかなぁ?
こんなとこで車が走れるわけないじゃん!!
走れても、この狭いところじゃ自転車までだね!!!!!

「だから、お前分かってないわけ!!!
 あのタイヤの下にあるローラーが、タイヤの動きに
 合わせて、クルクル回るわけよ。
 だから、この狭さでも、300キロまで出せるわけ!!!
 まぁ、ローラーの上だから、仮想現実だけどなーーーー」

おおおおおおおお!!!
そーいうこと!!?
なるほどねーーー

でも、間違えて前にビュンッッって
行っちゃったりしないのかなぁ?

・・・・・・・事故だよね。。。。。。
間違いなく・・・・・・

「まぁ、車に危険・・・・DANGER・・・・はつきものだろ!!!
 お前、あんまり車の前に行くなよ!!!!!
 轢かれて顔でもケガしたらお嫁に行けなくなるぞ!」


・・・・・・あっっっっ!!!!!!!!!
私、婚活中だったんだ!!!!!!!!
ZOOM
あおのローラーは分かったけど、
あのホースとドラム缶は何なんですか!!??

「あのホースとドラム缶はな・・・
 まず、ローラーの上で車が全開になるだろ。
 この車、直管マフラーだから、爆音だしおまけに体に悪い物質が
 いっぱい出てくるわけだ。
 それは、お前も分かるだろ?
 それをたくさん吸ったりすると、みんな倒れちゃうから、
 排気ガスをホースを使って外に逃がすわけさ!
 ついでに、爆音も外に逃がすんだよ!
 で、そうすると、外の人がうるさいし、
 排気ガスで臭くなっちゃうから、
 あのブルーのドラム缶に繋ぐことで、
 臭いとか音を吸収するわけさ!!!!!!
 スゴイだろーーーー!!!!」

隊長・・・・
じゃあ、あのドラム缶の中には何が入ってるんですか???

「知りたい???
 あの中には、Dr.Kの秘密の科学物質が
 入ってるんだよ!!!!!
 直管の悪い物質を全て取りはらってくれるんだぜ!
 エコだろ!!!!」
ZOOM
じゃあ、隊長これは!???

扇風機あんなにいらなくない!?
っていうか、寒いし、この時期いらないでしょ!!!

まさか、回したり・・・・・

寒いから回すの止めて下さい!!!!!!

「んーーーーー、これはね、寒かろうが何だろうが
 回さなきゃいけないんだよね。
 実際に車が走ると、走行風が生まれるだろう!
 それを作り出すことは難しいんだけど、
 扇風機で風を当てないと、エンジンの熱も
 こもっちゃうし、実際に走っているときは風を
 うけてるわけだから、なるべく似てる状態を
 作り出そうとしているんだよ!!!」

へーーーーーー。
でも、スイッチを入れた時の風量は
とてもすさまじく、正面にいたら
飛ばされそうなくらいだったので、
私は寒いし、飛ばされたくなかったので、
風の当たらないとこにいましたけどね!!ヘヘッッ
ZOOM
さぁて、前の車輪に車止めをつけて、
いよいよシャーシダイナモ実験が
始まろうとしています!!

これ、もし、万が一だけど、
この車輪止めを乗り越えちゃったら・・・・・

ただの恐怖ですよね。

絶対乗りたくない!!!!!!!!

前にも居たくない!!!!!!!!


よし!物陰から見てよう★

ワクワク
ドキドキ

ZOOM
ついにDr.Kが動きだしました!!!

スーパーPCをMoTeCに繋ぎだしました。

一体何をするんでしょうか・・・。

あの、コンピューターの画面で車と
会話をしているんだ
と隊長は言っていましたが、
まぁ、隊長の言うことなんで・・・・・ねぇ?
ZOOM
ギャーーーーーーーーーーーーー!!!!

うるさーーーーーい!!!!!!!!!!!!!

止めてーーーーーーーーー!!!!!!!!!


本当にあのローラーの上で、
1速→2速→3速→もう止めてーーーーーー!
→4速→キャーーーーーーーー→5速
→バタッ・・・・(倒)

ふぅぅぅ・・
今の何だったんだろう・・・・
本当にやらなくたっていいじゃん!

あーーーうるさかった。


隊長はDr.Kと何やら話しこんでおります。

マニアックすぎて、何を言ってるのか分かりませんでしたが、
どうやら、前のCPUと全く同じ状態で全開に
したようです。

エンジンの細かい仕様が分からないのですが、
6200rpmあたりで失火をしながらの、
計測になりましたが、馬力は267馬力でした。


・・・・馬、267匹ですよ!!??
完全に群れですよね!!!!!
ドガァァァァって感じですね。うん。
もう、多すぎて、私まで馬になります。はい。

ところがこの2人隊長とDr.K様は・・・・・・・当然この馬力で・・・・・
満足なんかするわけもなく・・

これより、セッティングを詰める=神の領域

と言って、またあのローラーを
ギュイーーーーーーーーン
ギュイーーーーーーーーーーーーン

と、2回も3回も回していました・・・・



本当に、もうやめて下さい・・・・・

ZOOM
結局、本日は残念ながら、セッティングが
取りきれない状況になってしまったようですが、
それでも!!!

本日最高馬力(うまぢから)は
320馬力!!!!!

やばい!!!320頭に増えた!!!

53頭も増えたってことだ!!!!

馬、53頭って結構居るよね。
少し、怖いよね・・・・
追いかけられたら逃げ切れないよね。
やっぱり、私も馬になるしか・・・・・

ヒヒ〜〜〜〜ン(助けてって言ってる)


しかし
隊長的には、320馬力では、非常に不服なようです。

今回、320馬力での、セッティングを中断した理由としては、
5700回転〜6200回転の辺りで、

○失火が起きる

○インジェクターの噴射がダウンする(0コンマ何秒程ですが)

○燃料ポンプが、ダウンする(0コンマ何秒程ですが)

これら3つの原因により、セッティングを詰めていくよりも
この3つの原因を治してから、再度セッティングをした方が
より安全にセッティングを突き詰めていくことが
できるそうです!!!!!


私にはマニアックすぎて、
何が何だか分かりませんが、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その、失火とか色んな原因って、
今までは無かったのかなぁ?
隊長!!この3つの原因ってもしかして
MoTeCにしたから起きたんですかぁ??
と、隊長に聞くと

「うん。これはね、今まで使っていた
 このノーマルCPUの時にも、
 この失火やインジェクターダウンは
 起きていたと思うよ。

 なぜなら原因となっている、3つの電源は、
 ノーマルCPUから今回は起動している。
 ということは、99%確実に、MoTeCを
 付ける以前から、この症状は出ていたはず。 
 ただ、ノーマルCPUはかなり曖昧な制御の為
 これくらいの失火やインジェクターダウンが起きても
 エンジンは普通に動いていたし、回っていたと思う。

 それを、MoTeCにしてしまったことで、
 細かい情報まで分かるようになってしまったからなんだよ!
 だから、原因はMoTeCを付けたから分かっただけで!!!

 この原因自体はこの車がずっと抱えていたはずだと思うよ!」



とりあえず、私が分かることは
このPINKのCUPカーの中に、馬が320頭も
いるってことくらいかなぁ。
いやー、それにしても、あの中に320頭でしょーー。
四次元ポケットでも付いてるのかな??

んーーーー。すごいよなぁーーーー。


それでは!!そんな感じで(どんな感じ?)
今日も合コン行ってきまーーーす!!!!!

バイバーーーーイ!

あ、再セッティングの話はまた今度♪
964ターボ3.6にMoTeCを付けちゃおう
964ターボ用のインタークーラーをノーマル形状のままで現代の技術のARCさんのコアに交換
メタルキャタライザーの公認!!!!
964の不利なあのフロント足回りのふわふわ感を無くす、・・・・オリジナルショックの開発!!!