964 CUP カーに MoTeC をつけてしまおう  その1!!

最終更新日2010/04/04
ZOOM
と言う事で!!!

皆さんおはようございます。。

今回は 964CUPカーになんと!!!

あの素晴らしいCPUシステムMoTeCをつけてしまおう!ヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ

というスンバらしい企画が 某お客様のご依頼により

そしてあのウルサイ隊長の監修のもとに!

ついに行なわれる事になりました。。o(*^▽^*)oワ~~~~パチパチパチ

この古い・・・・・・・・・・・・(古いっていうなよな)

964CUPカ〜のエンジンマネージメントがですよ!!!

あのMoTeCの最新制御に生まれ変わるんですよ・・・・

う〜ん皆さん!!!

古いスーパーカーが現代の技術によって生まれ変わる・・・

これぞ!!!技術の融合ですぞ。。(ノ∇≦*)

見た目は1990年代のスーパーカー

しかしCPUは現代の最新制御!!!

うーん!!!!カッコイイ!!ヾ(゚▽゚=)キャッ

皆さん!古い車で楽しく!快適に!そして格好よく!!!

お休みの日を楽しみましょう!!

古いCPU制御がいけないと言う訳でわございません。。

 しかし!!現代のCPUの進化には素晴らしいものが!!

 そして!!昔の車たちには味!があります!!

その二つの良いとこ取りをしてしまおうと・・・・・・

いうのがこの企画でございます・・   今まで・・

2008年にも・・当社は964ターボ3.6にMoTeCを付けちゃおうや
http://www.wintel.co.jp/wintel/owa/pspe_bbs_c_list?in_shop_no=185-1&in_bbsno=04


2008年に964ターボ用のインタークーラーをノーマル形状のままで
      現代の技術のARCさんのコアに交換などなど
http://www.wintel.co.jp/wintel/owa/pspe_bbs_c_list?in_shop_no=185-1&in_bbsno=04

      
      そして・・・・・メタルキャタライザーの公認・・・
http://www.wintel.co.jp/wintel/owa/pspe_bbs_c_list?in_shop_no=185-1&in_bbsno=04


2009年には964の不利なあのフロント足回りのふわふわ感を無くす・・・・
オリジナルショックの開発!!!
http://www.wintel.co.jp/wintel/owa/pspe_bbs_c_list?in_shop_no=185-1&in_bbsno=01
       

      などと・お客様方々の素晴らしい協力により!!!!
      いろいろ楽しい企画をさせていただきました。。

      誠にありがとうございます。。。。

      今後も古いスーパーカーたちを楽しい車に生まれ変わらせて

      いつでもどこでも・・・・全開にできるように・・・

      へへへ。。







ZOOM
ということにより。。

愛車のローダーちゃんにより

964CUPカーちゃんは。。AVO MoTeC JAPAN

さんに運び込まれ業界では有名なドクターKの手により

外科的手術を行われることになりやんした。。

結果が楽しみですね。。♪ヽ(▽ ̄ )ノ
ZOOM
おお!!!

こちらが施術室でございます・・・・・

これよりこの964CUPちゃんがAVOの看護婦さん達の手により

融合手術されてしまうわけです。。

看護婦さんというとなぜかエロく感じるのは私だけでしょうか・・Σ(▼□▼メ)
ZOOM
さてさてこのCUPカーちゃんのご紹介をしてませんでしたね。。。。。

このCUPカーちゃんは前オーナーの手により

964ターボルックに変身し!

さらにエンジンをパワーアップ!!!(ノ*゚▽゚)ノ エイッ

してあります。。チューニング内容は丸秘!!ですが・・・・

ええ音しとりますぜ・・・・!!イッヒッヒッ

ZOOM
さてさてこれよりMoTeCさんのスーパードクターK様に

この964を見てもらいましょう。。

「うーんいいねえ隊長!このマシン最高だよ!
 ・・CPUはM48でいく・・?
 それともM600でいく?・・・・・インジェクターは少し小さめだけど・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 うーん私は二人が何を喋っているか全然判りません・・・・

 私から見るとこの二人は宇宙人に見えます・・・・

 隊長が宇宙語を喋る!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

 
ZOOM
それでは、問題です!!

これは何でしょう???
え・・・ん・・・じ・・・ん・・・

ピンポンピンポンぴんぽ〜〜〜ん!!!
正解!!!!!(≧∇≦)b OK

おおお〜〜〜っ。
そうです、コレはエンジンを下から覗き込んだ部分です。

しかもマフラーが・・・
ポルシェ911は歴代水平対向エンジンを採用してます。
しかも6気筒。ですから、片側3気筒づつで構成されていますよ!!

この片バンクの画像です。
マフラーはこの片バンクづつ独立して構成されていますが、この短さ。

イメージとしては、みんな集まれ〜〜〜o(*^▽^*)o
と集合をかけて直ぐに、サヨ〜ナラ〜ヽ(゚◇゚ )ノ


とお別れする感じで長さは片方で、
1メートルにも満たないぐらい短いです。

その音は、あのルマンでの栄光や数々のレースシーンで聞いた
レーシングポルシェサウンドそのもの!!!

最高です!!!☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆キャッキャッ

よだれが出るほど興奮しました!!!

でも、近くで聞くととにかくウルサイ・・・

走れませんが、こんなのが公道を走行してたら、
お巡りさんに怒られます。。。。。。フフッ
ZOOM
さてコレは何でしょ〜か???
え・・・ん・・・じ・・・ん・・・

ピンポンピンポンぴんぽ〜〜〜ん!!!
正解!!!!!(≧∇≦)b OK!

スイマセン。しつこいですよね。

そう。こスッキリしたエンジンルームに納まるこのエンジンなのですが、
この車輌RS 3.8のエンジンが載っているので、
パワーは現状300psになっているはず。

しかも、車輌重量はカレラ2より
実に230kgのウェイトダウンの1120kg。

この軽さで、このパワー。文句なしですね(*´∇`*)

ZOOM
さて、インテリアはと言うと。

ご覧の通り、スッキリ。
勿論快適装備は無し!!!☆^(o≧▽゚)oニパッ

エアコン・パワステもパワーウィンドウ・オーディオも何にも有りません。

これぞ、男の仕事場!!!!!!
女性の仕事場でも有ります。

バイザッハの職人は凄いですね〜〜。
羨ましい(o^-^o)


・・・・・・・バイザッハとは?

ポルシェのレース部門の車輌製作を
担当している工場が有る地名です。

歴代のレーシングポルシェは全てここで設計、生産されています。
こんな車輌は全て、
ポルシェのメーカーにて生産されている所が凄いですね♪

その凄さは、国産レーシングカーより安いんです!!!
コレ本当。
しかも、メンテナンスも非常に楽チン楽チン。

基本的には消耗品の交換のみで、大丈夫ですよ。
ポルシェの凄さは、サーキットで解る!!!!!!!!

基本設計が、無理してないので壊れにくいんです。
市販車輌でも同じで、国産車輌はサーキットを走るのに
あれこれ交換しないと直ぐに壊れてしまいます。
がっ!!!!!
ポルシェはノーマルでそのまま平然と走っちゃうんです。

市販車輌が高いのは、このような耐久力を持たせる為の
部品を使っているせいでもあります。
ポルシェが高いと思っているそこの貴方!!

勘違いですよ!!!

そんな話をしながら、このブログを書いていたら・・・
隊長が、今度ステアリング変えようと。。。

しかも、バックスキンがいいから、ジュビリーさんに協賛してもらおっと。
なんて、言ってます(ノ゚ω゚)ノ*

そう、ジュビリーさんのステアリングはバックスキン。
しかも、ディープコーンの為、サーキット走行ではより良い、
ポジションで走行できるようになるからですよね!!

ZOOM
ロールバーの向こうに見えますのが〜〜〜〜

本来リアシートがついてる部分です!

しかし、1990年代のバイザッハたちの手により

なんらかの補強がなされているはずなのですが・・・・・・・・・

私の目でいくら見ても・・・・・

ロールバーがついてるぐらいにしか見えませんぜ・・・・・・ ∑(ノ▼ο▼)ノ

うーんでも何かが違うんだろうな・・・・

なぜなら・・・普通に市販されている964を室内内装をはがして・・

アンダーコートを剥離して・・・・

ロールバーをいれて・・・・・・・・

それでもこの964CUPのボディ剛性はでんのですよ・・・・(´Д`;)

皆さんは964・993のボディ剛性自体が現代の車にないのは

お分かりだと思いますが

その剛性をはるかに超える964CUPはどんな車・・・

いや、どんなポテンシャルを持っているんでしょうか・・(´・ω・`)

1990年代のスーパーカーたちは殆どが

オーバークオリティーと言われるほどのポテンシャルをもち

この世に生まれてきたといわれています。。

しかし!!!!

そのオーバークオリティが何故発揮されなかったのか??????

それはCPUとタイヤが原因だったといわれています。。

タイヤとCPUの技術が当時ののすーぱーかーに

負けていたのです。
ZOOM
これは通常エアコンの噴出し口があるところに・・・・

なんと鉄の棒が・・・・

そうですこれはジャングルジムです。。よく公園にあるやつです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・ちがーーーーーーーう!!!!!

ロールバーです。。しかも快適装備を・・・

あのエアコンの噴出し口を取り外してまで
ボディ剛性を高めるなんて。。∑(`□´/)/

うーん普通の人はやらないな・・・うん!

しかーし。。これをやらないとやるのでは車の動きが

まったく違う・・・らしいです・・・

しかもこの溶接の仕方を見てください。。

これじゃぁ  あとで外せないじゃないか〜〜〜!!!!!!!

え!


これ外さないからいいの・・・・・・・・

へ〜外れないんじゃなくて・・・

外さないんだ。。

今日私初めて知りました。。 (゚∇゚ ;)へーーー・・・
ZOOM
そして今までお世話になっていた、964用CPUさんです

今までありがとう!!!

これからはMoTeCM600君がエンジンを面倒見てくれるからね♪♪

・・・・・・・・・ちょっと寂しい気もしますが・・・・

これも技術の進化と言うことでお許しください!!

ZOOM
さたさてお次はフロントフードの中を覗いて見ますか

右側からガソリンタンク・タワーバー・ヒューズボックス・・・・

その左奥には・・・・・・・あれ・・・・・

あんな空間ありましたっけ・・・・( ̄△ ̄;)

ん????????????????・・

ないよね・・・

もう一台の964MoTeC二号車をのぞいてみると・・・

ごちゃごちゃたくさん付いてる〜〜

エアコンフィルタ〜・ブロアモーター・エバポレーター

うんうん

付いているのが普通だよね・・

分かる分かる・・・・・

CUPカーの重量が軽いわけです!!!

軽くて 速い 止まる 曲がる そしてカッコイイ!!!剛性が高い!

このように空冷ポルシェとは良いことだらけの車なんですね〜〜

新型はいつでも買えるし乗れる。。

ところが空冷ポルシェのようなスーパーカーは

もう少しすると無くなってしまいます・・・・・・

悲しいことですが・・・・
ZOOM
火事だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


消火器持ってきて〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


って冗談です。
この消火器が車輌に積んで有ります。

レース当たり前。
レギュレーションで消火器の車載が義務付けられております。

おきて欲しくはないですが、もしもの火災の際に役立ちます(*゚▽゚)ノ

自分が火災ではなくても、一緒に走行している誰かが、
火災にあっても助けに行けますし。

最近では、一般車両用も発売になり、
もしもの為に車載されている方もいらっしゃるかと思います。
使わないのが一番ですが、安心装備ですね(*´∇`*)
ZOOM
ということで・・

964MoTeC二号車の点検も終わり。。

本日はAVOさんを後にすることとなりました。。♪(* ̄ー ̄)v

964MoTeC二号車のアイドリング不調の原因は

小さなメカニカルトラブルでした・・・・・・・・・

1速2速3速のトルクの変動は

バキュームホースの虫食いのような穴による・・・

エア漏れでした・・・・・・

そこまで分かってしまう・・

う〜ん・・・MoTeC恐るべし。。 (▼-▼*)


ていうことはさ!!!うちの964MoTeC二号車

2008年9月よりのんトラブルってことですよね。。

964恐るべし!!!
964ターボ3.6にMoTeCを付けちゃおう
964ターボ用のインタークーラーをノーマル形状のままで現代の技術のARCさんのコアに交換
メタルキャタライザーの公認!!!!
964の不利なあのフロント足回りのふわふわ感を無くす、・・・・オリジナルショックの開発!!!