964 カレラ用 ★オリジナルサスペンション★製作?by→またまた隊長!!!その3

最終更新日2009/04/21
ZOOM
さてさてやってまいりました!!
964カレラ2オリジナルサスペンション製作 その3!
サスペンションが出来上がってから約一ヶ月が経ち、
当然組みつけに出してからも約一ヶ月が経っております。
なぜこんなに時間がかかったかと言うと、
取り付けプロショップがただ忙しかっただけ・・・・・・・・・・。
違います。。
ブログを打つ私がサボっていただけ・・・・・・
違います。。
その理由は
ZOOM
こいつがいけないんです・・・・・・・・・
こいつを装着しようとした”隊長”も悪いと思いますが、
こんな太くてオフセットのあってないリヤホイールをいくらタイヤが余っているからといって無理に装着しようとすると!!!!
そう、そうなんです、、走行中にする”ゴリゴリ音”や”バリバリ音”=フェンダーに当たってしまうのです。
しかもこいつは隊長のように性質が悪く
チョット薄いスペーサーだと内側のフェンダーに”バリバリ”と当たってしまい、
厚めのスペーサーをかますと
外側のフェンダーに”バリバリ”と、非常にうちの隊長のように”性質が悪い”太さのホイールなのです。。しかももう一つ問題があり、余っている
タイヤサイズがな、な、な、なんと!
リヤサイズに関しては、ワンサイズしか余っておりません。
しかもこのタイヤは!!!
「ウィル・ス○ス」ってみんな知っていますか?
知っていますよね〜。最近映画の「ハンコック」観ました〜?
うちの隊長その映画を観にいって、しばらくしてサーキットに草レースを観にいって
ハンコックタイヤを「ウィル・ス○ス」の「ハンコック」と頭の中で同じように扱ってしまい
「ハンコックのSタイヤを協賛で手に入れて来い!!!!このタイヤは無敵なんだ!お前この映画当然観たよな〜?」
と絶対・無理・番長みたいな事を私に指令をしてきました。
そして私は知り合いのツテやお客様のツテをあてにしてあちこちに相当電話をし、業務終了後は、ご飯も食べずにあちこちのレース屋さんを回り、やっと手に入れたハンコックタイヤ(新古品)・・・・・。
あ〜思い出すとチョ〜大変だった。。
しかし!先程も言いましたがリヤがワンサイズしかありません。
結論→販売していないミリ単位を指定したスペーサーをオーダーしないと装着出来ないことがわかった時、うちの隊長は私に言いました・・・。
「ろくな協賛もらってこないな〜〜〜〜まったく使えないな〜お前は・・・・スペーサー代かかっちゃったじゃないか!!(怒)」
その後私の行動は・・・・・・

ZOOM
じゃじゃ〜ん!!!
やけ酒じゃ〜い!!隊長もあそこまで言う事なくない?自分から頼んでおいて。。
今時「ウィル・ス○スのハンコック」とハンコックタイヤをかけてんのは、日本中でお前だけだ〜バ〜○!!!!!!!!!!。私の996Turboのチューニングもやってくんないし、あ〜ムカつく(怒)
ハンコックタイヤのSタイヤだぜっ!!しかも新古品だぜ!!(限りなく新品に近いですぞ!!)
このハンコックのSタイヤ、ヤホ〜オ〜クションで売っちゃうぞ!!!といいながら隊長のイス?を蹴ってやりました・・。。
ここまでビール飲むと・・・・・・・・・・
・・・・・・これ以上は言えません。。・・・
今度皆さんでビール耐久レース&愚痴大会開きませんか???
参加費ビール代、つまみ代のみ!!!!!!
ZOOM
さてさて昨日は飲みすぎてしまいました・・・・。
話が随分横道にそれましたが、当社の964に合わないホイールを付けようとしたとこまではお話したと思いますが、写真を見てください。
964ターボ用キャリパー →  一台分
964ターボ用ローター  →  一台分
ブレーキメッシュホース  →  一台分
フロントブレーキブラケット→  フロントのみ
特殊mmスペーサー    →  リヤのみ
以上、964 カレラ2 MoTeC 2号車 第一弾!協賛商品全てで御座います!!
みなさま本当に有難う御座いました!!
これをすべて貰ってくるうちの隊長のズ〜ズ〜しさにも敬意をはらっておきましょう!
まったくこの人、本当に何でも貰ってきちゃうんです◇
こないだは、お客さんの使わないといっていたな、な、なんと!!MoTeC 一式!!!
しかもタダ!(無料!)ん〜ん、確か50万円以上したんだよな〜。。
掃除しておけって言われたから掃除しておこっと!!!

ZOOM
さてさてこの協賛商品すべてが当社の964カレラ2に付くのですが、もともとこのブログのタイトルって964カレラ2のオリジナルサスペンション製作というタイトルじゃなかったっけな〜とお思いの読者も多いと思いますが、
なんせホイールだ、タイヤだ、スペーサーやら私のビール事件やらと色々回り道をしている結果、
この964に付く足回りは、現代のすばらしい足回りです。当然、コーナーに突っ込んでいく速度や、コーナリング速度は当然、おまけにフロントのフワフワ感防止にサスペンションの開発重点をおいた為、普段の街乗りの速度も上がってしまうんじゃないかと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

隊長の先生からのお達しがあり、
急遽、ブレーキ強化にふみ切ったわけで御座います。
決してブログのタイトルから外れているわけでは御座いません。
やはり、
車のひとつの部分を良くしたり強化したりすると当然、それに伴って弱くなる部分や足りなくなる部分が必ず発生してくるはずです。
お金を莫大にかければ当然、造り手の方も
トータルバランスを考えますからこのような弱くなる部分や足りなくなる部分はある程度解消されますが、
それはあくまで莫大にお金を使ったチューニングに限ってのお話であり、
自分で一つ一つ部品を変えてみて効果を体感する昔ながらのアナログとでも言いましょうか・・・・・。
そういう楽しみ方もカーライフの一つの形だと思っております・・・・・・・・・・
・・・・・と私が隊長っぽく文章を作っていると後ろから隊長がきました・・・。
「あのさ〜協賛して貰ったキャリパーのピストンの部分見た?」
ときかれたので、みてましぇ〜んと答えると
「だからお前はダメなんだよ・・・。」
何か違うんですか?と聞くと・・・
「964ターボのキャリパーってオーバーホールキット約10万位するんだよね〜」
異常に高いっすね〜と聞くと、
「俺の3.6たーぼのキャリパーもチョットへたってててさ〜、オーバーホールすると高いじゃん」
だから隊長なにが言いたいんですか?と聞くと・・・・・
「だからこのイエローキャリパー(テクニカルメイトさん協賛)のピストンとゴムを外して俺の3.6のキャリパーのピストンとゴムと替えちゃわない?」
あ〜分かりました。隊長は協賛商品を使ってズルしようとしているわけですね〜。
「そうそう、ビ〜ルおごってやるからさ〜、お前、ビール好きだろう?」
絶対にダメ〜、、、、危ない危ない、その手にのるか!そうはさせないぜよ!!!社長に言いつけてやる!!!
090-XXXXXXXX   プルルルル〜  私が電話している姿をみて隊長はプリウスに乗って何処かに行ってしまいました。。
逃・げ・や・が・っ・た・・・・・・・・・・!!
☆ということで、その4はターボ用ブレーキキャリパー、ローター取り付け編及びオリジナルサスペンションの取り付けに入ろうと思っております。
※そうそう出来ればですけど、
★10ミリ長いホイールボルト誰かくださ〜い!!!★